美肌の女性

美容皮膚科の仕事

カルテをチェックする医師

皮膚科はニキビや湿疹、蕁麻疹、水虫などの疾患を治療するところです。またあざやほくろの除去なども行っています。美容皮膚科は美容目的で皮膚に施術を行うところが違います。現在、美容に対する関心が非常に高くなっていることを受け、若い医師などが美容皮膚科に関心を持ち、一般開業の美容皮膚科に就職したり、開業したりする傾向があります。 また大学病院などでも、美容整形外科を設けるところがあるなど、患者の美容目的にかなった科目を設けているところが増えてきましたが、皮膚科の場合も、美容皮膚科外来を設ける病院が増えています。これは外見にコンプレックスがある人の生活の質を向上させることや、悩みをなくすことで鬱状態や対人恐怖などをなくすことにもつながります。

一般開業している美容皮膚科は、美容外科のように手術などは行いませんが、アンチエイジングや整形レベルの施術を行います。シミ、シワ、たるみ、毛穴の開き、肌のくすみ、くま、ほくろ、あざなど、あらゆる皮膚の悩みに対応します。また保険適用では使用できないレーザー治療などで、一般の皮膚科ではできなかった治療を行います。そのため、悩みや希望をカウンセリングで的確に説明することが重要になります。肌のコンプレックスの解消か、アンチエイジングを求めているのかなどの相談をします。アンチエイジングの施術の場合には、美容外科をかかりつけの医師として、整形は望まないが急激なエイジングも避けたいという望みに応えてくれます。また美容皮膚科では、メディカルエステを併設しているところもあります。医師の監修のもとにエステティシャンが施術を行いますが、患者の肌の状態や特質を医師が把握してくれているという安心感があります。