美肌の女性

小顔にする

驚きの表情

小顔ブームが続いていることもあり、エラが張っていることが悩みという人も多くなりました。美容外科では、骨格のレントゲンをとり、骨格でエラが張っているかどうかを確認します。その上で、エラ削りの手術になります。エラ削りの手術は大変に高額で、100万円の上下ということになります。一番安い場合は40万円、一番高額な場合は180万円です。信頼できるクリニックで行うことを考えた場合、予算は130万円程度見ておいた方が無難です。 最新式のエラ削りの場合、エラだけを削るのではなく、輪郭にそって外に張りだしている部分も削ります。この場合は1回で確実に輪郭が小さくなります。 安いエラ削りの手術を希望して韓国で手術を受ける人います。手術代が40万円で、半額程度で手術が可能です。韓国で安い手術を受ける人も増えています。

小顔ブームになり、かつての卵形の輪郭が理想という意識が薄れ、顎先がシャープになっている顔が好まれるようになりました。エラ削りも、四角ばった顔のエラを削るだけではなくなりました。 エラ削りは耳の下の部分を削り、四角張ったところをなくす手術でした。顎が大きくなければ、これでおしまいですが、顎全体が大きい、長いなどの輪郭の問題が残ります。そこで、エラの張りと下顎までを丸く削って卵形にする手術が行われていました。現在はVラインとよばれる、よりシャープな輪郭を目指す手術が行われています。顎の先端からエラにかかるラインで張り出している骨を切り骨を削ります。 顔を小さくし、顎をシャープにしたいという人は、このVラインとよばれる手術をすることが多くなると見込まれます。